墓石の価格が高額なのは昔の常識|コスト削減する方法

3つの観点から選ぼう

お墓

物性データが大切

墓石を選ぶときには石の物性データを参考にすることをおすすめします。墓石というのは常に外にあるものなので、雨が降ると水を吸い込みます。この吸収力が高い場合はヒビ割れが入る可能性が高いです。たとえば、冬の時期は墓石が凍結することがありますが、水を多く吸収していると、水の膨張率が高くなるため、墓石にヒビが入るようになります。そのため、墓石を選ぶときには吸水率が低いものがおすすめです。また、圧縮強度も非常に重要な目安になります。これは石の耐久力を表すものです。墓石は長い年月にわたって使用し続けるものです。当代一代限りではなく子供にも孫にも受け継がれていくのが一般的です。そのため、圧縮強度が高い丈夫なものがおすすめです。さらに、墓石のカラーも重要です。石にはさまざまなカラーがあります。石によってはキラキラ光るものもありますし、見る角度を変えるとカラーが明るくなったり、石というのは非常に個性があります。そのため、自分の好きな色合いをしている石を選ぶといいでしょう。ちなみに、石は水を吸収すると色が変わることもあります。吸収すると濃い色合いになりますので、水を吸ったときの色も確認するといいでしょう。墓石を購入する際に石のサンプルをみせてくれるところもありますので、参考にすることをおすすめします。実際に水をかけてみて色合いがどのように変化するのかを見ることも大切というわけです。これらの観点から墓石を選んでみることも1つの手段です。

Copyright © 2017 墓石の価格が高額なのは昔の常識|コスト削減する方法 All Rights Reserved.